Skip to main content
4–7 September, 2019

Sovichet Tep

ソヴィチェット・テップは2010年後半に高校に通いながら独学で書体デザインを始めた。自身のブログで無料のクメール文字書体を配布しているほか、グーグルフォントでも2つリリースしている(KantumruyとKdam Thmor)。カンボジアのプノンペンに拠点を置き、Romnea Typeというクメール文字フォントの販売サイトとAnagataというブランディングと書体デザインコンサルタントサービスを運営している。ソヴィチェットは2017年から国中およびタイに足を運び、クメール文字の歴史とクメール書体の基礎について講演を繰り返している。

ATypI Tokyo | Friday, 6 September, 2019 | 14:40 – 15:00 | Miraikan Hall

クメール文字の45日マラソン

Talk | Presented in English

欧文界隈で流行っている36 Days of Type(アルファベットと数字の36文字を毎日一つづつ描いて投稿するマラソン)に感化され、クメール書体のデザイン、レタリング、書字を広めるためにクメール文字の45日マラソンを始めた。最初の年には20人以上のデザイナーから600ほどの投稿を受け、デザイナーたちは5つものニュース媒体から取材を受けた。クメール文字の45日マラソンはカンボジアで初めて書体とそのデザインの重要性を一般に広めたキャンペーンとなった。困難に直面しつつも、開始当初から大成功を納めルことができた。このプレゼンテーションではカンボジアに書体デザインコミュニティを作り上げるために始めたこの文字マラソンの、起伏に満ちた立ち上げを振り返る。

Presented by Sovichet Tep