Skip to main content
4–7 September, 2019

Wednesday, 4 September | | Io

半日ワークショップ | Presented in English

Adobe IllustratorとPythonスクリプトで作るOpenType-SVGフォント

Adobe Illustrator CCからエクスポートしたSVGデータをOpenTypeに追加しカラー絵文字フォントを作成する半日コースのワークショップです。対象者は、カラー絵文字フォント開発に興味があり、PythonスクリプトやSVGフォーマットの初歩的な知識と、MacOSのターミナルアプリをつかった簡単なコマンドライン操作の経験を必要とします。    OpenTypeフォントにSVGデータを組み込むために環境設定、スクリプトの導入からカラーフォントの制作手順をワークショップ形式で紹介します。    SVGカラー絵文字を組み込みたいと思っているご自身のフォントをお持ちください、言語は問いません、欧文フォントでも、CJKフォントでもOKです。もしご自身が制作したフォントが持参できない場合は、Source Sans Proや源ノ角ゴシック(Source Han Sans)といったアドビのOpenSourceフォントを使うことができます。    さらに白黒文字と追加したカラー絵文字を切り替えをIllustratorの中で実現する「スタイルセット」とよばれるOpenTypeのフィーチャーの定義方法も合わせて紹介する予定です。
このワークショップでは下記のシステム環境を必要とします。
Mac Laptopパソコン
Adobe Illustrator CC
Python 2.7(MacOSにバンドル)  
Fonttool 3.0(あらかじめインストールしていることを推奨)
SVG cleanup tool  Python Scripts